Ma politique

 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

飛行機に乗り間違えた話

そう、あれは阪神大震災の年・・・(やったっけ?忘れた)

友人あき(新婚旅行で車庫に入ったヤツ)とともに
アントワープのQさんちへレッツラゴー。

KLMで関空→アムス→アントワープというチケットを取りました。
当時はまだタリスがアムステルダムまで開通してなかったから
AMS→ANRは飛行機だったのですね。

関空で全区間の搭乗券が発券されたので
アムステルダムの空港ではちょっとお茶飲んだりなんかしちゃって
至極のんびりと時間をつぶしていたわけです。

そろそろ搭乗口に移動しよか。
でもあっちまで行ったら何もないんちゃう?
そやな、国際線やけどしょぼい路線やしな。

搭乗ゲートはとても隅っこのほうでした。
マジで伊丹空港となんら変わりのないシンプルさです。
あ、ここやな、と二人で待っていたら、周りの人たちが動き始めました。
よし、俺らも搭乗や。

ここで問題なのが搭乗口の配置。
飛行機に乗るとき、二手に分かれてボーディングパスを機械に通しませんか?
下手すると3列ぐらいに分かれませんか?

私たちは何の迷いもなく、空いている列に並んだわけですよ。
席が決まってるのはわかってますけどね。
疲れてもいたし、とっとと落ち着きたかったんです。

そしたらね、機械が私のボーディングパスをはじいたんです。
ピーーーーッて。

nevi:?
KL :?(ニコッ)(もう一度入れなおす)

ピーーーーッ(あれ?)

nevi:??
KL :?(ニコッ)ビリッ(手でチケットちぎりよった)
ま、ええか。

次にあきがボーディングパスを渡す。

ピーーーーッ(こいつのも通らない)

オレラ :?
KL  :???

も一回通す。

ピーーーーッ(ちょー、なんなん?)

KL:(ちょっと困った顔して)oh・・・・

で、やっぱりピリッって半券をちぎった。

ちょっとは妙な気もしたんですけど、
KLの姉さんもボーディングパスをしげしげと眺めていたし、
それよりも何よりも、ほとんど最後に搭乗した私たち。
「おまえら遅いんじゃ」という空気ありありの中、ちょっと焦って席を探す。
幸い(?)にも。ほとんどの座席が埋まっていたので
私たちの座るべき空席は簡単に見つかりました。

ところがですね、時間になっても飛行機が動かないのよ。
私たちは遊びに来てる訳なのでいいけどさ。

と、うとうとしていたら、航空会社の人につつかれた。

KL  :Ms.nevi?
nevi :ハイ
KL  :OH!この飛行機はブレーメン行きよ!

なんやて!?ブレーメン!?

それからワタクシとあきは、飛行機から引き摺り下ろされ(言いすぎ)
係員の人に連れられてなんかよくわからない所から外に出され
空港を走り回ってるバンみたいのに乗せられて
駐車(っていうの?)している飛行機の間を駆け抜けて
敷地の端っこにポツンと止まっているちっちゃな飛行機のタラップを
駆け上ったのであります。

出発をずいぶん遅らせたようで、お客さん方の白い目がイタイ。

数十分後、アントワープの小さな空港に降り立った私が見たのは
迎えに来てくれていたQさんの心配そうな顔でした。

Q :大丈夫やった?だいぶ遅れたし心配しててん。
nevi:あ、ごめん。実は・・・

Qさんが「乗り過ごしなや!」と注意してくれたわけは
こんなところにもあったのでしたー。

↓押し間違えなや!
人気ブログバナー オレンジ


 
 
 
Comment
そうや、そうや。
飛行機が遅れて、疲れてるのにかわいそうにって、アントワープの空港で、まってたの。
そしたら、なんやとー!!
これで、私がアンサンにきつくなるのも、読者の方々にご理解いただけるかと、期待いたしまする。
これですもん  [URL] [Edit]
うん、でもなでもな
やっぱりKLMの姉さんが気がついてくれるべきやと思うの。
だって2人ともピーーーて
ほんでなんでまた同じ席が空席やったんでしょ?
運命のいたずらを感じました。

いつもお世話かけてます。



No title  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://langousines.blog8.fc2.com/tb.php/74-36f8b96c
 
 
最新コメント
 
world watch
 
今日のお天気

Click for 自宅, Japan ForecastHome
Click for パリ, France ForecastParis
Click for アントウェルペン, Belgium ForecastAntwerpen
Click for プーケット, Thailand Forecastpuket
Click for コタキナバル, マレーシア ForecastKota Kinabalu
 
為替レート
 
Ma politiqueを掘る
 
amazon
 
tsutaya
 
FXやってみよ
Top
Copyright © nevi / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。